本文へ

お知らせ

割引販売における還付手続きについて

2020年7月22日以降に開始する旅行から2020年8月31日までの利用分については、旅行者が直接、又は事務局が指定する旅行業者等を経由した申請により、給付金の還付を受けることができます。
旅行者による還付手続きについては、原則、本事業の対象商品に限ることとし、旅行者から代 金を受け取った参画事業者を通じて還付手続きを行います(還付は参画事業者に配分された予算 の範囲内で行います)。
なお、旅行者が旅行代金を宿泊施設にて支払った場合、直接事務局に還付手続きを行うこともできます。

【旅行業者等を通じた還付手続き】

旅行代金を旅行業者等に支払っている場合は、当該旅行業者等から旅行者に対して割引相当分の金額を還付します。旅行者自らが当該旅行業者等に申し出た上で還付手続きを行います。 旅行業者等から申請や受領等に関する書類を求められる場合があります。なお、当該旅行業者等が事務局から参画事業者として指定されていない場合は、還付の対象外となります。参画事業者は7月下旬から8月下旬の間に随時事務局から指定します(本サイトにて公表)。

<還付申請>

旅行業者等を通じた還付申請は、給付枠割当決定通知を受けた旅行業者等を通じて行うため、 下記資料内(5)の月次報告にて事務局に申請を行ってください。
資料はこちら>

【申請時に必要となる情報】

  1. 予約の内容を特定できるもの
  2. 割引前の旅行代金
  3. 給付金による割引額
  4. 割引後の支払額
  5. 旅行日程または旅行開始日
  6. 旅行代金に含まれる宿泊日数
  7. 旅行代金に含まれる宿泊者数
  8. 前各項目に掲げる情報のほか申請に係る宿泊の事実を確認するために必要な情報として事 務局が指定するもの

【旅行者自らが直接行う還付手続き(宿泊施設に直接支払っている場合)】

宿泊代金を宿泊施設に直接支払った場合、旅行者自らが直接に事務局に対して還付手続きを行うことができます。 旅行者は宿泊施設へ依頼し、「宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数が 記載されているもの)」及び「支払内訳がわかる書類(支払内訳書、支払内訳が記載された領 収証等)」を受領のうえ、事務局に還付申請を行ってください。
なお、事務局から参画事業者として指定されていない宿泊施設及び参画事業者として指定さ れていない事業者が運営する予約サイトを通じた宿泊予約で、現地にて宿泊代金を支払った場 合であっても、還付の対象外となります。

<旅行者が事務局に提出する書類>

  1. 事後還付申請書(様式第 1 号)
  2. 支払内訳がわかる書類(支払内訳が記載された領収証、支払内訳書等)
  3. 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が記載されているもの)
  4. 口座確認書(旅行者用)(様式第 2 号)
  5. 口座情報が確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)
  6. 住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)
  7. 前項目に掲げる書類のほか申請に係る旅行の事実を確認するために必要な書類として事務局が指定するもの
  8. ※ 上記(1)~(6)は原則旅行者本人の名前であることが必要です。
  9. ※ 旅行業者等を通じて事前に宿泊料金が支払われている場合、宿泊施設での領収証発行はできません。

【還付申請期間】

<旅行業者等を通じた還付手続き>

下記資料内(5)月次報告の期間参照
資料はこちら>
※ 旅行業者から旅行者への還付時期については、給付枠配分決定通知受領後に各旅行業者が任意で定めることができます。
なお、2020年8月14日から2020年9月14日まで対応できるようご協力ください。

<旅行者自らが直接行う還付手続き>

事務局による還付手続きの期間は、2020年8月14日から2020年9月14日までとします。
※ 還付には一定の期間を要します。
※ 配達状況の追跡ができる方法で行ってください。

【申請書類入手方法】

旅行者向けGo To トラベル事業公式WEBサイトより取得
URL:https://goto.jata-net.or.jp/
※還付申請の送付先は後日WEBサイトにて公表します。