本文へ

お知らせ

第2回宿泊施設における感染拡大防止策の実施状況の調査結果について

8月19日(水)・20日(木)に、各地方運輸局と事務局にて計42の宿泊施設に出向き、Go To トラベル事業参加の条件となっている感染拡大防止策の実施状況を調査するとともに、実施が不十分な点について個別に指導、相談を行いました。
旅行者への検温の実施や浴場・飲食施設等の三密対策については大半の施設において確実に実施されていましたが、42施設のうち何らかの指導を行った施設は24施設でした。
一方、施設独自に工夫がなされている取り組みもありました。
主な指導内容や、各施設で工夫がなされていた取組みを報告書にまとめてありますので、今回調査対象とならなかった登録宿泊施設の皆様におかれましても、実施が不十分であった点について再度確認・徹底いただくとともに、工夫例についてご参考にしてください。

引き続き旅の安心・安全に関する各種取組の実施にご協力をお願いいたします。