本文へ

月次報告

月次報告のご案内

10月後半分・1ヶ月分の月次報告から報告方法が変わっています。
「Go To トラベル給付金管理システム」を利用して報告していただきます。

12月分の「様式第17号の1」の日付項目(下記参照)を入力いただく際、
全て西暦『2020/』を先頭につけてご入力ください。
例:2020/12/10
<日付項目>

  • 旅行・開始日又はチェックイン日 <F列>
  • 旅行・帰着日又はチェックアウト日 <G列>
  • 予約日 <AD列>

報告期間

報告回数(1回または2回)は自由に選択いただけます。

  1. 月に1回報告する場合
    当月1日帰着~末日帰着分 ⇒ 翌月1日~15日の期間に事務局に報告
  2. 月に2回報告する場合
    • 当月1日帰着~15日帰着分 ⇒ 当月16日~末日の期間に事務局に報告
    • 当月16日帰着~末日帰着分 ⇒ 翌月1日~15日の期間に事務局に報告

月次報告マニュアルをよくご覧いただいたうえ、手続きください。

月次報告方法

Go To トラベル給付金管理システムで報告してください。郵送の場合は下記をご覧ください。
システムと郵送の二重での報告は禁止とさせていただきます。

(2020.12.28更新)

更新内容:

  • P3 注意事項上から4つ目の◆の文言を修正しました。

(2020.12.14更新)

更新内容:

  • クーポン番号(飛び番)の入力桁数チェックが実装されました。
  • 9桁以外の番号が入力されている場合は、右端の判定列に 『不十分』 と表示されます。

(2020.12.14更新)

更新内容:

  • クーポン番号(飛び番)の入力桁数チェックが実装されました。
  • 9桁以外の番号が入力されている場合は、右端の判定列に 『不十分』 と表示されます。

(「その他必要な書類」のモデル様式はこちら)

(2020.10.07更新)

更新内容:
モデル㋖㋗:東京都在住者除外に関する項目を削除しました。

Go To トラベル 給付金管理システムログイン画面

郵送で送付の場合

やむを得ず「Go To トラベル給付金管理システム」を利用できない場合は、郵送で「様式第16号 給付金請求書兼月次報告書」及び「様式第17号の1 実績内訳シート(割引用)」を送付してください。

  • 住所:〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目24−14 西新橋一丁目ビル4階
    Go To トラベル事務局 ◯月実績報告係
  • 宛先の「◯月実績報告係」は目立つように赤字で記載してください。
  • 封筒の宛名面に 「ログインID」+「事業者名」+「◯月分実績報告の送信」+「前半分 又は 後半分 又は 1ヶ月分、いずれか該当のもの」と記載して郵送してください。
  • 追跡確認と信書の送付が可能なレターパックや書留などで郵送してください。
  • 送料は各自ご負担をお願いします。

Go To トラベル給付金管理システムまたは郵送のいずれかでご報告ください。
システムと郵送の二重での報告は禁止とさせていただきます。

(2020.12.28更新)

更新内容:

  • P4 注意事項上から3つ目の◆の文言を修正しました。

(2020.12.02更新)

更新内容:
「予約日」が追加されました。

月次報告期限について

報告期限を過ぎての報告や給付金変更のご連絡をいただくケースが数多く発生し、給付金のお支払いの遅れに繋がっています。
そのため、月次報告受付は、当初のご案内通り、下記の期限とさせていただき期限後の報告や給付金変更につきましては、受付いたしかねます。
事務局からの書類不備などのご連絡のために報告受付期限後も一定期間メールアドレスやシステムをオープンする場合がありますが、報告受付期限後の報告や給付金の追加・変更につきましては、受付いたしかねますので予めご了承ください。

月次報告一覧

対象月

報告受付期限

メールアドレスまたは、システムのクローズ日

7月次報告分

報告締切済

※締切期限は
8月15日(土)

10月12日(月)

報告方法:メール

8月次報告分

報告締切済

※締切期限は
9月15日(火)

10月25日(日)

報告方法:メール

9月次前半
報告分

報告締切済

※締切期限は
9月30日(水)

10月25日(日)

報告方法:メール

9月次後半分・
または1ヶ月分
報告分

報告締切済

※締切期限は
10月15日(木)

10月25日(日)

対象:システム※Go To トラベル給付金管理システムとは別システムです。

10月次前半
報告分

報告締切済

※締切期限は
10月31日(土)

10月31日(土)

対象:システム※Go To トラベル給付金管理システムとは別システムです。

10月次後半・
または1ヶ月分
報告分

報告締切済

※締切期限は
11月15日(日)

11月15日(日)

対象:Go To トラベル給付金管理システム

11月次前半
報告分

報告締切済

※締切期限は
11月30日(月)

11月30日(月)

対象:Go To トラベル給付金管理システム

11月次後半・
または1ヶ月分
報告分

報告締切済

※締切期限は
12月15日(火)

12月15日(火)

対象:Go To トラベル給付金管理システム

12月次前半
報告分

12月31日(木)

12月31日(木)

対象:Go To トラベル給付金管理システム

  • 郵送での報告の場合も、上記のメールまたは、システムと同じ締切日となります。
  • システムと郵送の二重での報告は禁止とさせていただきます。

宿泊施設(パターンA)・宿泊施設(パターンC)の方へ

地域共通クーポン(紙クーポン)を取り扱う宿泊施設(パターンA及びパターンC)の事業者様は下記方法①または方法②いずれかの方法で券番を管理していただく必要があります。

方法① 配布管理アプリ(QRコード読込)で管理

アプリを利用して券番を管理していただく方法です。この方法ですと、自動的に券番がデータ化されますので、予約元(OTAまたは第三者機関)へ改めて報告いただく必要はありません。

方法② 地域共通クーポン券番管理シートで管理

「地域共通クーポン券番管理シート(Excelシート)」に必要事項を記入して管理していただく方法です。この方法ですと、記入した「地域共通クーポン券番管理シート(Excelシート)」を予約元(OTAまたは第三者機関)に送付していただく必要があります。

方法①の配布管理アプリ(QRコード読込)は宿泊施設様のご負担を軽減するために開発されたツールになります。方法①の方が利便性が高く、正確に券番が管理できるため、方法①を採用されることを推奨します。

なお、お客様が電子クーポンを利用している場合(=宿泊施設からお客様に紙クーポンをお渡ししていない場合)、宿泊施設様は電子クーポンの券番を管理する必要はありません。

詳細は「地域共通クーポン券番報告マニュアル(宿泊施設パターンA・C向け)」をご覧ください。

重要なお知らせ

とじる

重要なお知らせを閉じる